片付け簡単!狭い机でOK!ミニ四駆専用作業スペースを作る!

こんにちは。take です。
今日は2つのアイテムを使ったミニ四駆専用作業スペースの作り方をご紹介します。

こんな人にオススメの作業スペース!
  • 家に書斎等のパーソナルスペースがない
  • 使わない時はコンパクトに収納したい
  • 片付けが簡単な作業スペースがほしい
  • ゴミが散らかりにくい作業スペースがほしい
take

次より実際に作業スペースを作るのに必要なアイテムとその機能を紹介します!

目次

結論:2つのアイテムで専用作業スペースを簡単に実現!

take

作業スペースを作るのに使用したアイテムは以下の2つです。

take

普段は以下画像のように本やノートと同じように立てて収納しているので場所もとりません。

収納時
展開時
take

必要な時にだけ展開すれば、場所を選ばず省スペースでミニ四駆専用作業スペースを実現することができます!

この専用作業スペースのメリット!
  • 立てて収納可能なため収納に場所をとらない
  • 簡単に持ち運び可能
  • 場所を選ばず省スペースで実現できる

作業スペースを実現するための2つのアイテム

プラモ工場委員会:ワークステーションBASIC

外観
take

サイズは約297mm × 209mm × 30mmで少し厚みのあるA4といった感じです。

蓋と本体結合部
take

蓋と本体の間には説明書等を挟むことが可能なため作業効率が上がります。

本体サイド
take

本体の左右には棒ヤスリやカッターを置くことが可能です。

take

作業時に発生するゴミは穴から落ちて本体内部のトレーに溜まるようなっています。そのためゴミが散らかりません

take

片付ける時はトレーを取り出してゴミを捨てるだけなので簡単です。

ナカバヤシ:ライフスタイルツール ファイルB5サイズ

折り畳み時
take

サイズは212mm ×62mm × 266mmの厚みのあるB5サイズになります。

take

背表紙下部に穴が開いており、取り出しやすい構造になっています。

展開時
収納している工具
take

普段作業で使っている工具を全て収納できています。B5サイズで小さいと思うかもしれませんが収納力抜群です!

まとめ:たった2つのアイテムでミニ四駆専用作業スペースが実現可能!

今回紹介した2つのアイテムでミニ四駆専用作業スペースを実現可能です。自分の部屋がないパパさん等にはオススメだと思います!

こんな人にオススメの作業スペース!
  • 家に書斎等のパーソナルスペースがない
  • 使わない時はコンパクトに収納したい
  • 片付けが簡単な作業スペースがほしい
  • ゴミが散らかりにくい作業スペースがほしい
take

ゴミも散らからず、簡単に片付けられるのでリビング等場所を選ばず活躍できると思います!

以下記事でミニ四駆初心者さんのための書籍や作成したマシンの映える撮影方法を紹介しています。興味があれば読んでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それでは、また次回お会いしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる