映える!ミニ四駆のカッコいい写真を撮影する2つのポイント!

こんにちは。takeです。
皆さんは作ったマシンのカッコいい写真が撮れなくて、SNSへの投稿を躊躇していたりすることありませんか?

実はたった2つのポイントを抑えるだけで自慢のマシンをカッコよく雰囲気のある写真に納めることができます。
実際に今回紹介する2つのポイントを抑えた写真でTwitterに投稿したところ、100を超える「いいね」をいただくことができました。

この記事では自分が作成したミニ四駆をカッコよく撮影できる方法をご紹介します。
この記事を読めば、自分が作成したミニ四駆を以下のようにカッコよく写真に収めることができるようになります!

普通に撮影した写真
紹介する撮影方法で撮った写真

結論は以下2つのポイントを抑えるだけです!

カッコいい写真を撮る2つのポイント
  1. 等倍ではなくズームによる撮影
  2. 暗室での後方からのみの光源
take

それでは、2つのポイントとそれを組み合わせた例を解説していきます!

目次

2つのポイント

今回ご紹介する撮影方法は以下二つの撮影方法の組み合わせになります。

  1. Twitter上でタミヤさんが紹介していた撮影方法
  2. ミニ四駆youtuberアルディさんが紹介していた撮影方法

等倍ではなくズームによる撮影

マシンを撮影する際、等倍のままでマシンに寄って撮影するのではなく1.8〜2倍くらいでズームしマシンを撮影します。

等倍
ズーム(1.8倍)

等倍だとフロント部分にフォーカスされますが、ズームを使うことで全体をフォーカスでき、ハッキリした写真を撮ることができます。上記例のようにウィングのシールの文字も読めるぐらいハッキリとした写真になります。

暗室での一箇所からの光源

暗室でスタンドライトのような照明で後方からのみの光源にすることで、被写体に雰囲気のある影を付けることができます。

部屋の照明
暗室で後方からの照明

私は遮光カーテンのある寝室で暗室を作り、100円ショップで購入したLEDライトを使っています。

100円ショップのLEDライト
暗室での撮影風景

まとめ

以下2つのポイントを抑えることで簡単にミニ四駆のカッコいい写真を撮ることができるようになります!

カッコいい写真を撮る2つのポイント
  1. 等倍ではなくズームによる撮影
  2. 暗室での後方からのみの光源

上記2点を抑えることで以下のような写真を撮ることができるようになります。

今回の記事中の写真で使用している撮影ブース等は以下の記事で詳しく紹介しています。興味があれば読んでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた次回お会いしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる