PVC背景紙とアクリル版を使った映えるミニ四駆の撮影方法!

こんにちは。takeです。

皆さんはタミヤさんの商品紹介ページのような白の背景でマシンがはっきりと写っているカッコいい写真を撮りたいと思ったことはありませんか?

実はPVC背景紙アクリル板100均のアイテムさえあれば、同じようなカッコいい写真が誰でも簡単に撮影できます!

以下が今回紹介する撮影方法で撮影した写真です。

サイクロンマグナムの紹介ページの写真と比較すると同じ白背景で雰囲気のあるカッコいい写真が撮影できていることが分かると思います!

この記事を読めば、上記のようなカッコいい写真が撮影できるようになります!カッコいいミニ四駆を撮影してSNS等にアップし、一緒にミニ四駆を盛り上げていきましょう!

目次

撮影に必要なアイテム

撮影に必要なアイテムは以下になります。

Noアイテム名備考
1PVC背景紙
2アクリル板
3レフ板100均アイテムで自作
4ライト100均アイテム
take

以下より詳しく解説していきます!

PVC背景紙

take

私は以下のものを購入しました。「白」と「黒」がセットで購入できます。

アクリル板

take

アクリル版がなくても撮影に問題ありませんが、被写体が反射で映る事で写真に高級感を増す事ができます!

レフ板

take

レフ板は以下画像の100均アイテムで自作しました。

Noアイテム名必要数
1フリーマルチパネル 355mm × 355mm2個
2フリーマルチパネル 185mm × 355mm2個
3フリーマルチパネル 連結ジョイント2個
4A4コピー用紙(白い紙ならなんでも可)4枚
5養生テープ1個

レフ板は二つ用意します。

一つ目は以下画像のようにフリーマルチパネル 355mm × 355mmに連結ジョイントを取り付け、A4のコピー用紙2枚を養生テープで貼り付けます。

フリーパネルが元々白で反射しやすいですがスケルトン素材のため、光が透過しないようコピー用紙を貼り付けています。

二つ目は以下画像のようにフリーマルチパネルをコの字型になるように連結します。コピー用紙2枚も同様に貼り付けます。

コの字型にする理由は撮影時、ライトを引っ掛けられるように安定させるためです。

ライト

ライトもいずれも100均で購入したものになります。

take

光量が強く背景に光を当てるのに使用しています。両サイドから光を当てるため二つ購入しました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__20733957-943x1024.jpg
take

スタンドの形がちょうど良く、レフ板等に引っ掛けることにより上からの光源として使用しています。

take

正面サイドからの光源に使用しています。

take

こちらも正面サイドからの光源に使用しています。またはスマホに装着し、正面からの光源にも使用できます。

アイテムと被写体の配置

アイテムは以下のように配置し、撮影しました。
PVC背景紙の大きさが70cm × 140cmとそれなりに大きいため、私は部屋の壁に養生テープで貼り付けました。
折れた先も養生テープで固定しています。

養生テープを使用する際、壁や床にダメージが発生しないことを確認した上で貼り付けを行なってください。

撮影画像の調整

カメラの倍率を1.8 – 2倍にして撮影したものが以下になります。
撮影後、雰囲気を増すために画像を少し調整します。

まず露出の数値を上げます。
露出を上げることで、背景の光が増してアクリル板の境界線を無くすことができます。

その後はお好みで調整することで雰囲気のあるカッコいい画像にすることができます。
私はコントラスト明るさブラックポイントの数値を上げています。

take

アクリル版にマシンが反射している高級感のあるカッコいい写真の出来上がりです!

撮影したマシン紹介

take

他に撮影したミニ四駆も紹介します!マシンがカッコよく撮影できるので写真の沼にハマりそうです!

まとめ

今回紹介した以下の3つのアイテムを揃えることで、タミヤさんの商品紹介ページのような雰囲気のあるカッコいい写真を撮る事ができるようになります!

キャプション
  1. PVC背景紙
  2. アクリル版
  3. 100均のライト

PVC背景紙とアクリル板合わせて5,000円程度です。本格的なカメラやライトを揃えるとなると何万円もすることになるので、5,000円でカッコいい写真が撮れるようになるならコストパフォーマンスいいと思います。

皆さんもこれを機にミニ四駆のカッコいい写真を撮影し、SNSにアップして一緒にミニ四駆をさらに盛り上げていきませんか?

以下の記事で100均アイテムで作る映えるジオラマブースやその撮影方法を紹介しています。興味があれば読んでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではまた次回お会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる