ホイールとボディの両方が見れるミニ四駆のカッコいい飾り方!

こんにちは。takeです。
今日は100均アイテムを使用したミニ四駆のカッコいい飾り方をご紹介します。

ミニ四レーサーの皆さんは普段どのようにしてミニ四駆を飾っていますか?
恐らく、中が見えるボックスクリアケース ディープボトルスタンドを使っている方が多いと思います。
それぞれ利点はあると思いますが、飾るという点において共通して言える問題点があると考えます。

それは、、、

重ねて飾るととホイールとボディの両方を見ることができない!

take

重ねた状態の見え方をスモークですが、中が見えるボックスを例に解説します。

真横から見るとホイールは見えますが、ボディが分かりづらいです。

真正面だとボディはなんとなく分かりますが、ホイールが全く分かりません。

こだわって作成したマシンのボディ、ホイールは両方眺めたいものと考えます。

そこでおすすめしたいのが、セリアさんで購入したディスプレイスタンド斜めタイプです!

こんな人におすすめ!
  • ホイールとボディ両方が見えるように飾りたい人
  • お気に入りのマシンをひな壇のように飾りたい人
take

ディスプレイスタンド斜めタイプを使うとどのように見えるのかを実際にミニ四駆を乗せて紹介します!

目次

ディスプレイスタンド斜めタイプのおすすめポイント!

スタンドの内寸は幅16.5cm 奥行き6cm 高さ4cmです。

take

こちらの写真のように真横から見てもホイールとボディの両方を眺めることができます!

おすすめポイント
  • 幅が公式レギュの全長と同じため、カスタムしたマシンでも問題なし
  • 手前部分の低い立ち上がりでマシンがずり落ちない
take

続いて重ねてみます。

take

斜めに飾れるおかげで重ねてもホイールとボディの両方を見ることができます!

take

手前に1段、奥に2段重ねることでひな壇のように飾ることもできます!

まとめ

ディスプレイスタンド斜めタイプだと以下の問題が解決できます。

重ねて飾るととホイールとボディの両方を見ることができない!

ディスプレイスタンド斜めタイプだとマシンのホイールとボディ両方を眺めることができます!

おすすめポイント
  • マシンのホイールとボディ両方を眺めることができる
  • 幅が公式レギュの全長と同じため、カスタムしたマシンでも問題なし
  • 手前部分の低い立ち上がりでマシンがずり落ちない

保管という観点では中が見えるボックス等が有用だと思いますが、飾るという観点ではディスプレイスタンド斜めタイプの方が有用だと思います。

皆さんもディスプレイスタンド斜めタイプでお気に入りのマシンをカッコよく飾ってみてはいかがでしょうか?

また、カッコよく作ったマシンを写真に残しておきたいという方は以下記事で映えるミニ四駆の撮影方法を紹介しています。興味があれば読んでください。

あわせて読みたい
映える!ミニ四駆のカッコいい写真を撮影する2つのポイント! こんにちは。takeです。皆さんは作ったマシンのカッコいい写真が撮れなくて、SNSへの投稿を躊躇していたりすることありませんか?実はたった2つのポイントを抑えるだけ...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。それではまた次回お会いしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる